「無知は罪」と言う母の話

2014年2月2週号に掲載したコラムです。

 1年ほど前から薬局に患者として来てくださっている、ご高齢のご婦人Aさんがいつものようににこやかに入ってみえた。1年も経つとお互いいろいろな話ができるようになっていて、世間話をするうち、「私、昔小さな子どもを亡くしているんです。薬の副作用で」とおっしゃる。その薬は今でも使われている薬で、必要あって使っている方もみえるので、薬品名を伏せておきます。怖がらせてしまうといけないから…。今はほぼ安全に使われているので、知らなくても大丈夫です。
50年も前の話。当時は夢の薬として登場したのだが、副作用が多いことが分かって、今はとても慎重に使われ、余程でないと使われないと20年前の薬学部の授業で聞いた。Aさんいわく、「後になって考えると副作用の症状はかなり前から出ていたの。おかしいと思って主治医に相談すると、アメリカではもっと多い量を使っているんだから問題ないと言われて、飲ませ続けた。それがいけなかった」と…。当時のお子さんの症状は食が細い、ただそれだけだった。
 その後お子さんの体調は悪くなって、別の病院に緊急入院し、医師から薬の副作用によるものだと聞かされたとのことだった。もうすでに手の施しようもなく、そのまま亡くなったそうだ。
 Aさんは「私が無知だったから、子どもを死なせてしまったんです。後になっていろいろ尋ね歩いたら、あの薬の怖さを知っている医師はいたんです。言われるままに飲ませた私が悪かった。知識があったなら…。本当にかわいそうなことをしてしまった。無知は罪だと思うんです」「医師を恨んでもあの子は帰ってこないから、恨むことはやめました」と…。私は言葉を失ってしまった。「無知とは言えないんじゃないでしょうか。あの当時は知らない人の方が多かったと思います。今はそんなひどい使い方はしていません。副作用の報告が相次いだためだと思います」と言うのが精一杯だった。
 Aさんが帰られて、私は落ち込んでしまった。こんなことが現実にあるのかと…。いろんな人の犠牲の上に安全性が確立されたんだと思うと、なんとも言えない気分になった。はっきり言って、当時、一般の人がその新薬の副作用を知り得たとは思えない。インターネットの発達した現代とは違う50年前に、知りたくても知りようがなかったと思う。それでも、母は悔み、悲しみ続ける。
 夢の薬、夢の農薬、夢の添加物、夢の○○ってものには、やっぱりすぐには飛びつかない方がいいと改めて思った。自然界にもともとないものを化学合成して作り出す、もしくは自然界にあっても極微量なものを抽出などの技術を使って取り出すこと自体、自然ではないのだから、よほど慎重にしたい。時間が経てば研究が進んで、いい面も悪い面も解明される可能性が高いから、その時まで待ちたい。
 薬の開発にだけ絞って言えば、現在は農薬や添加物やトクホ商品やサプリメントとは比べものにならないほど、基礎研究に時間を費やし、販売前には動物から人間まで試験を行い、時間とお金をかけてやっとの思いで販売までこぎつけるようなシステムが出来上がっている。おかげで薬は高価なものになる。よくよく検討されるので、安全面は昔に比べて上がっていると思うが、市販後に副作用報告され、添付文書上の副作用の項目が増えるということはよくあることなので、よほど切羽詰まった状況でない限り、待った方がいいと思う。医薬品救済制度はあっても、取り返しのつかない例は末端薬剤師の私でさえ見ている。ましてや救済制度のない他の化学物質に関しては誰も救ってくれないんじゃないだろうか?
 Aさんは決して無知だったわけではなく、きっと食が細くて虚弱な子どもを心配する一生懸命ないいお母さんだったのだと思う。それでも、経験した人の言葉は重い。『無知は罪』というAさんのことを、私は決して忘れないと思う。
 
稲川

赤ちゃんと化学物質

2014年1月4週号に掲載したコラムです。

 最近、立て続けに化学物質が胎児に影響する話を聞いた。
「農薬である有機リンの代謝産物を測定すると、昭和40年代生まれの人からはたいてい検出される。それが第一子に移行する。有機リン系など蓄積性のある物質はほぼ全員持っていると言っていい。」
「30人の臍帯血から300種類の化学物質が検出された」
「生まれた時、最近の子どもはいいにおいがする。羊水が香料のようなにおいする」
私は恐ろしいと思った。つまり、赤ちゃんはお腹の中で、すでに化学物質に出会っているんだ。しかも40年以上たっても母体からはなくなっていない。
 また、「乳腺も汗腺の一つなので、母に不利なものは母乳の中に出てくる」という話もあった。
昔、レーチェル・カーソンの『沈黙の春』やシーア・コルボーンの『奪われし未来』を読んだので、当然起こり得ると想像できるはずだが、改めて聞くと当たり前じゃないという感覚ではなく、怖いと思った。という事は、私はそんなに化学物質を排除していないんだと思う。食べ物の農薬や添加物はできる限り避けているが、避け切れてはいないし、それ以外にも化学物質でできたプラスチックや化学繊維、印刷物などの恩恵を受けて生活している。
昔、水俣病でも妊娠中の女性は症状が軽く済んだという事実がある。胎盤を通じてメチル水銀が胎児に移行してしまい、大事な大事な子どもが胎児性水俣病になってしまったのだ。これは有機水銀なので重金属の影響に入るから化学物質とは違うが、同じような原理で化学物質も胎児に影響するのではないかと思う。
薬の方から考えると、酸性薬剤や脂溶性薬剤は脂肪にたまるとされている。脂肪が多い人はそれらの薬剤が体にたまりやすく、一旦副作用が出始めると長期に渡って苦しみ続ける。薬を止めても副作用が消えないのだ。こういう事が身近な化学物質でも起こるのだろう。胎児のいる子宮の周りは脂肪がいっぱいなので、当然起こりそうな気がする。
こう考えていくと、胎児はたまったものでない。今後妊娠する可能性のある若い人は気を付けて欲しい。また、将来次世代を生み出す女の子には、いいものを食べさせて欲しいと思う。うちはたまたま男の子しかいないが、男性の精子が年々減少しているという話や、受精率の低い精子しか作れなくなっているという話も聞いたことがある。
 
このあたりの真偽は、伊澤社長や外山さんに任せたいと思う。とにかく、証明されてからでは遅いので、みなさん気を付けましょう。そして、そんな危険なもののない社会ができたらいいですね。
先ほど、母乳の話を出したが、今授乳中の方やこれから出産される方は、早まって母乳を止めるなんてことはやめてくださいね。母乳には赤ちゃんの体にとってとてもいい成分が含まれるので、よくよく考えてくださいね。本当にお母さんがこんなことを考えなくても、安心して子どもを産み育てられる世の中にしたい。切なる願いです。
 
 
稲川

インスタントラーメン、インスタントスープ

2013年10月2週号に掲載したコラムです。

 世の中にはインスタント食品が溢れている。カップめんにしろ、カップスープにしろ、概ね添加物が多いので、普段は食べないようにしている。でも、どうしても使わざるを得ない場面が私にもある。それはキャンプの時。我が家の子どもは都会っ子。田舎で育った私と主人は、子どもを自然の中に連れ出したくて仕方がない。年2〜3回、山や海や湖に連れ出しテント生活をする。毎回食事の準備に時間をかけられればいいのだが、釣りだの山登りだのに時間をかければ、おのずと料理にかけられる時間は減る。初めから分かっている時は、カレーと炊いたご飯をタッパーに入れて持って行くのだが、全て持って行くというわけにもいかず、どうしてもインスタント物を持参してしまう。また、春・秋のキャンプは予想外に寒いことがある。名古屋は暖かくても、現地の気候は半月早かったり遅かったりして、寒くて寒くて仕方ない時がある。そんな時私達を救ってくれるのが、インスタントのラーメンであったり、スープであったり、コーヒーであったりする。お湯を注ぐだけで体の中から温めてくれる優れものだ。
 いつも思うのだが、キャンプの時の食事と災害時の食事は似ているのだろうと思う。幸いにも災害にあったことがないので、想像でしか語れないが、温かい食べ物が欲しい、早く食べたい、できたら簡単に調理したいというのは同じだろうと思う。3.11の震災の時も、ストックがあったならばインスタント物は活躍したことだろう。
 今回、名古屋生活クラブでノンカップのラーメンやスープの取り扱いが増えた事は、私にとってはとてもありがたいことだ。今まで、添加物は嫌だと思っていても、添加物いっぱいのものしか手に入らないから仕方なくスーパーで購入していたが、これで安心してキャンプや災害時のストックとして購入できる。
うちの長男は、中学に入ってからどうしてもお腹がすくらしく、自分でカップラーメンを買ってくるようになった。あんなに気を付けて育ててきたのに…。制限してきた反動かもしれない。今まで私は「やめなさい」と言い続け、息子はこっそり買い続ける、の繰り返しだったが、今回取り扱ってくれたことで、「これならお母さんも許可できる」と差し出せるようになった。おかげで息子は隠れて買ってくることはなくなり、お互いいい妥協点を見いだせた感じだ。
 自然の食品を丸ごと食べることを勧めている名古屋生活クラブとしては、お手軽商品の取り扱いを即決したわけではないだろう。私も決していいと思っているわけではなく、その通りだと思う。インスタント食品はインスタントであって自然ではない。あくまでお手軽食品で、工業製品だ。でも、どうしても使いたい場面がある以上、安全なものを探して扱ってもらえるのは本当にありがたい。
 私は、インスタント食品を摂って栄養うんぬん言ってはいけない、と思っている。インスタント食品はたとえば調理時間短縮であったり、温かさであったり、手軽さであったり、満腹感であったり、おいしさであったり、栄養以外の何かを満たすものである。そのことを十分わかった上で、添加物の少ないものを、生活に少しだけ取り入れる程度にすれば、健康には問題ないと思っている。それ以上の使い方はやめた方がいい。体を壊す原因になる。
 
 
稲川

お金には責任がある

2013年10月2週号に掲載したコラムです。

 この歳になってようやく気付いたことがある。「お金には責任がある」と。
今まであまり考えずに消費してきた。必要なもの、欲しいものを深く考えずに買ってきた。「安い」が基準だったこともある。コーヒーの価格について知ったことがきっかけで、「自分が使うお金には責任がある」と思うようになった。日本で手に入るコーヒーの生産者に支払われる価格は、我々が支払う価格のわずが1000分の1。300円ならわずか0.3円。これにより、生産者たちの間で飢えや貧困が広がり、子どもはもちろん大人までも栄養失調になったり、子どもは当然学校に行けず、貧困の連鎖から抜け出せなくなっていたり、コーヒー栽培では食べていけないので、高く売れる麻薬植物である大麻やチャットの栽培に手を出す農民が多いらしい。コーヒー栽培の土地は非常に痩せていて、野菜などを作るには適しておらず、コーヒーか麻薬くらいしかできないから、麻薬に手を出すのも無理からぬことのようだ。 
コーヒー大好きの私にとっては、すごくショックだった。私がコーヒーを買えば買うほど、貧困に加担し、麻薬が広まることに加担しているなんて…。コーヒーが気になり始めると、他のものはどうかと気になる。世界の事じゃなくても、日本の中でもあるよな〜と思った。
輸入野菜や果物を買えば、海外の国が潤い、日本の農業を衰退させる事になる。なぜ、輸入野菜が安いかというと、補助金という税金が投入されているからだと知る。補助金を投入できない発展途上国は農業が衰退し、えらいことになっていると知った。
安い洋服はなぜ安い?海外で安い賃金で作らせているためで、安い洋服が売れれば売れるほど、日本の服飾業界は衰退して行く。日本の衣類の自給率はほぼゼロ%らしいことも知った。確か昔は生糸産業が盛んだったはず。小学生の時「ああ野麦峠」を見たから間違いないだろう。衣類の原料は輸入ばかり?
添加物の多い加工品を買えば、添加物なしの『本物』を作っている『本物』の生産者を苦しめることになる。添加物を支持したことにもなるし、健康にも影響を及ぼす。
農薬を使った農産物を買えば、有機農産物のシェアを狭める。農薬を応援したことにもなり、農薬の使用量は減らせなくなる。土は弱るし、水は汚すし、次世代の健康にも環境にも影響を及ぼす。これは合成洗剤にも言える。
そう考えて行くと、お金を使うことに慎重にならざるを得なくなった。試しに、今まで高いと思って買ったことのなかったオーガニックコーヒーとフェアトレードの服を買ってみた。コーヒーの味にもちろん差はなかったし、服は化学繊維でなく100%自然素材のため、着心地がよく気に入った。そして何より誰にも迷惑をかけてない気がして、自分の心が安心する。今まで高いと思っていたけれど、トータル考えるとそうでもないのかもと思う。何より頑張っている人を応援できるのがいい。お洒落じゃないという人もいるかもしれないが、そうでもない。結構すてきなものがある。
お金をどう使うかは個人の勝手だが、私はやっぱり自分のお金は有効に使いたい。環境や世の中を悪くするものではなく、その反対の世の中を良くするものに投資したい。自分の家の家計のことだけ考えれば、安い方がいいが、そんなちっちゃいことで判断してはいけない気がした。全部は無理でもできることだけでいい。いい加減じゃなく、どっちでもいいじゃなく、「これがいい」と選びたい。まっとうなものにはまっとうなお金を払いたい。まだ、入口に立ったばかりでよくわからないけれど、日本の中でも、『まっとうな人がまっとうにお金をもらえない不公平』が、きっとあるに違いない。
 
稲川

COWCOWだより 16

COWCOWだより 15

ホタルのすむ水辺

2013年9月2週号に掲載したコラムです。

 先日、知り合いの有機農家さんのお宅付近にホタルがいっぱい出ると聞いたので、友人たちと一緒に見に行った。場所は愛知県新城市。山の奥の方にそのお宅はあるのだが、夜真っ暗になってからでは、外灯もなく行きつけなくなる可能性があるので、明るいうちにお邪魔した。
 まだ、ホタル出現までには時間があったので、田んぼや沢の生き物を観察させてもらった。水の中にはアマガエル、シュレーゲルアオガエル、ヒキガエル、トノサマガエル、おたまじゃくし、イモリ、沢ガニ、めだか、どじょうなど水中生物がいっぱいいて、思わず童心に返って、つかまえて遊んでしまった。私が育った所にもあの当時は田んぼやちょっとした川があって、カエルもいっぱいいて、カエルの卵を踏んでしまったり、田んぼに落っこちたりして、下半身泥だらけになって遊んだ楽しかった記憶もよみがえってきた。うちの子どもはそんな経験がないから、私がつかまえる姿をみて、「すごい」と言い、4歳と10歳の息子はこわごわ手を出し、最後には大はしゃぎ。14歳の中学生の息子は、「ノー」と言って手も出さない。小さいころからキャンプに連れて行ったりしたけれど、日々の生活で自然に触れていないから、年数回の経験ではダメなんだな〜と思う。
こんな素敵な遊びをさせてもらったあと、近所の川に出かけた。ゲンジボタルの食べ物は川に住むカワニナ。カワニナは川の石に付く藻を食べるそうだ。藻は太陽の光がない所では育たず、沢のような小川に太陽の光が届くようにするためには、人の手で草や木を刈る必要があり、ホタルはあくまで『里の生き物』で、自然と人間がうまく共存している所にしか生存できないと教えてもらった。新城でも農薬や川の護岸工事のため、一時期ホタルが減ったそうだが、農薬の使用回数を1回にしようという運動をして地域で農薬量を減らしたところ、ホタルが戻ってきたそうだ。
農薬を使用した田んぼも見せてもらった。田植えの後で、稲はきれいに並んでいた。ヒルとアメンボしかいない。さっきの無農薬の田んぼとは明らかに『豊かさ』が違った。カエルの声がしていたので、カエルはどこかにいたと思うが、無農薬の田んぼのようにどこにでもいるという感じではなかった。最近は苗箱処理と言って、田植えする前の苗箱にネオニコチノイド処理して根から吸わせるので、その葉っぱを食べた虫が死んだり、根っこ付近にいる水中生物が死んだりするようだ。1回だけなのにこんなに違うものなのかと驚いた。ネオニコチノイド農薬は『みつばち』がいなくなるのが問題になっているけれど、それだけの問題ではない。『トンボ』もいなくなっているそうだし、明らかに『水中生物』もいなくなっている。みつばちがいなくなれば、蜂蜜も採れないけれど、受粉もできないから、実もできないし、種ができず植物も育たない。水中生物がいなくなれば上位の捕食動物の餌がなくなるということだから、食物連鎖に影響を及ぼし、結局人間に返ってくる。人間は生き物を排除するような活動をいたる所でしている。いずれは人間に返ってくるという大事な事に気付いていないから、勝手なことばかりできるのだろうか。
周りが真っ暗になってきた頃、ホタルが飛び始めた。きれいに護岸工事された所にはホタルは少なく、草がある所に多くいた。暗闇にぴかっと光るから、きれいで、時間を忘れて見とれてしまった。ホタルが生きられる環境がいつまでも続いたらいいなあと思った。そばをゆっくり飛んでくるホタルもいるし、葉っぱにも止まるので、手で簡単に捕まえられた。手の中でぴかっ、ぴかっと光るホタルに子どもたちは感動。いい思い出ができた。大人になってもこの経験・感覚は覚えていて欲しい。この感覚が生きて行く上で重要なバランスとなって、間違った方向に行きそうになっても、戻って来られる気がするから。  
 
稲川

「遺伝子診断・・・本当にとるの?」

2013年8月5週号に掲載したコラムです。

アメリカの女優、アンジェリーナ・ジョリーが遺伝的にがんになりやすいから、という理由で乳房を切除した。まだ乳がんにもなっていない健康な乳房をだ。これに違和感をもった人は、どれほどいたのかは私にはわからないが、少なくとも私は強い違和感を持った。ここまでやるとは…いくらお金があるからと言っても馬鹿げていると思った。ところが、日本でもそれが始まるらしい。これには正直驚いた。がん専門医も、とうとうがん医療の限界を感じたのか…と。そして、これに対して問い合わせも多いらしい。

 
がん遺伝子を持っていたとしても、あくまで確率が高いというだけで、絶対にがんになるわけではない。アンジェリーナ・ジョリーの場合87%の確立だったそうだが、13%の方に入ればいいんじゃないの?と思ったのは私だけだろうか。がんになる原因はいろいろあって、強烈な発がん物質と接する環境にいれば話は別だが、通常一つの原因だけでがんになるわけではない。タバコは間違いなく肺がんの危険因子で、タバコを吸えばがんになる確率が2倍になると言われているけれど、吸ってがんになる人もいれば、吸ってもがんにならない人もいる。何が違うのかは分からないけれど、ストレスの多い生活も一因のようだし、食習慣も一因のようだ。高脂肪・高蛋白の食事はがんを促進するし、油の質によってもがんを促進することは分かっている。まずそういう点を改めて、自分で努力するというのが先ではないだろうか。いくらがんになる可能性の高い臓器を取り去ったところで、おいしいものばかりを食べるいい加減な生活を続けていれば、別のがんにかかるってことだってあり得る。現に遺伝子変異がないのにがんになる人の方が圧倒的に多い。そう考えると、安心のために予防的に臓器を切り取るなんて、ばかばかしく思えてくる。自費で勝手にやるならまだしも、今後保健適応になって、みんなの医療費を使う事だけはやめてほしい。遺伝子検査が有用な人もいるので、否定する気はないが、こういう使い方はどうかと思う。がんになる確率が高いと聞けば、動揺するのは当たり前。動揺せずに正しい方策がとれる人はいいのかもしれないが、迷うようなら検査などすべきではないと思う。
 
まずは、命を粗末にするような食事をやめて、健康になれる食事をすればいい。そもそも、日本人と西洋人では持っている遺伝子が違い、腸の長さも違うので、その違いを理解する必要がある。日本人が西洋人のような食生活をすれば、間違いなく病気になる。がんではないかもしれないが、糖尿病や高脂血症などのいわゆる生活習慣病になる。がんも生活習慣病の一つとされているので、この延長上にあることは間違いない。私は『日本人にはやっぱり和食が合っている』と思う。ご飯・味噌汁・野菜・海藻・きのこ・魚をきちんと食べることが一番簡単な食生活改善だと思う。味噌汁に入れてしまえば、野菜・きのこ・海藻は摂れてしまう。味噌汁が面倒な時は、豆腐・納豆を食べればいい。野菜が手に入らなければ、漬物でいい。やってみれば、超簡単。いつでも出せるように常備しておくだけのことだ。
食事に気を配り、適度な運動をして、しっかり休養をとるような努力をした上で、がんになってしまったならば、それは自分の運命と受け入れるより仕方がない。今回のことは、自分の運命を受け入れられないという事が、根本にあるように思えて仕方がない。受け入れられないから、遺伝子検査して、最先端の科学で何とか自分の運命を変えようとジタバタしているように思えてならない。
 
そして、農薬の問題とも似ている気がする。病気になってもいないのに、病気になるかもしれないと恐れて農薬をまく。土壌に混ぜ込む。土を丈夫にする方が先じゃない?と思うのは私だけだろうか。
 
稲川
 

COWCOWだより 14

COWCOWだより 13



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp 
>>会社概要はコチラ
  よくあるご質問